手術前にドクターに聞いておきたい事は?カウンセリングの様子

脂肪吸引を受ける前には必ずカウンセリングが行われますので、しっかり受けるようにしましょう。
カウンセリングをきちんと受けたかどうかで、脂肪吸引施術後の満足度も変わります。
では脂肪吸引前のカウンセリングではどのような内容を医師に聞けばいいのでしょうか。

 

脂肪吸引前の施術で確認したいことは、脂肪吸引に使われる機器は何か、複数あるならその違いは何かということです。
この質問によって医師が脂肪吸引に対してどのくらいの知識を持っているかが分かります。
脂肪吸引に用いられる方法としては、体内式超音波脂肪吸引、体外式超音波脂肪吸引、パワーアシスト脂肪吸引、エルコーニアレーザー脂肪吸引、ボディジェット脂肪吸引、ベイザー脂肪吸引があります。

 

この内超音波形式の脂肪吸引はやけどのリスクが非常に大きいため扱っている施設は今少なくなっています。
パワーアシスト脂肪吸引もハンドピースが大きいといった施術者側のデメリットがあるためあまり使われることはありません。
最近使われているのは体に負担の少ないエルコーニアレーザー脂肪吸引やボディジェット脂肪吸引、脂肪の90%近くが除去できるベイザー脂肪吸引です。
これらの違いをきちんと分かっているドクターかどうかをチェックしましょう。

 

それから病院で今までに行われた脂肪吸引の症例数やトレーニング経験も聞いておきたいところです。
脂肪吸引は結局、実績が成功率を上げるものですから、ドクターの症例数は多ければ多いほど良いのです。
最後に吸引以外にどのようなこだわりを持っているかということも聞いておきましょう。
最近ではボディラインを美しく作ることに力を入れているドクターも多く、ただ脂肪吸引して終わるだけでは済まない病院も増えています。
安全性はもちろん、女性が女性らしくあるために作るボディライン、脂肪はどの程度残し、どうして残すべきなのかその考えも聞いておきましょう。
カウンセリングは医師と患者が1対1で行う物ですが、一方的に医師だけが話すことはいいカウンセリングとは言えません。
あなたと医師、そしてスタッフとの相性をカウンセリングで見極めていきましょう。